main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

今さら聞けない?!在宅勤務、リモートテレワークの導入方法

 

 COVID-19 新型コロナウイルスの影響もあり、弊社にも昨今テレワーク、在宅勤務の質問が多く寄せられています。

 「在宅勤務」や「テレワーク」の難しいところは、急な対応が多くてしかも即座に切り替えられない点です。

 日頃から有事を想定して万が一の状態でも対応できるように、テレワークと在宅勤務の環境を準備しておくことが重要です。

 またテレワーク、在宅勤務が常時行うことができるようになった企業が、オフィスを小さくして経費が削減できたため、浮いた経費を社員に還元する企業も出てきています。

 テレワーク手当を全社員に支給して社員は、その手当を自宅のPC環境や通信環境を整えたり、コワーキングスペースを契約したりしているといいます。

 では、具体的にテレワーク・在宅勤務を実現させるには、どのような準備・環境が必要なのか?

 今回は方法論、ツールに絞ったご紹介をしたいと思います。

1.クラウド電話、ビジネスチャット

クラウド電話

 クラウド電話はクラウド上にビジネスホン機能があるため、インターネット回線があれば在宅勤務でも会社の電話番号で発着信可能です。

 また、スマホでも内線外線通話も可能ご自分の携帯番号と会社の電話番号をアプリで簡単に切り替えで利用するため、勤務用とプライベート用の切り分けが可能です。

 通話は録音することもで来ます。

 FAXに関しては書類がPDF化されて受信するため、すべてパソコンとスマホで電話業務が在宅で可能になります。

ビジネスチャット

 ビジネスチャットは法人利用を想定し、メンバー管理やセキュリティ対策、業務効率化に関する機能が搭載されたチャットツールです。

 テレワークのように、メンバー同士が離れた場所で業務を行う際にリアルタイムでコミュニケーションを取ることができます。

 テレワークは、対面での会話ができないため、些細な連絡や報告漏れがコミュニケーションロスにつながりやすいという課題があります。

 ビジネスチャットは、メールよりも即時に短文のやり取りでき、電話のように相手と時間をピッタリと合わせる必要がないツールです。

2. テレビ会議システム

 テレビ会議システムは、Web上でテレビ通話をするためのツールです。

 パソコン・スマホがあれば自宅と社内で簡単にWEB会議。インストールや面倒な設定が不要、使い慣れたブラウザですぐに開始できます。

 ビデオ会議システムは、テレワーク中に社内の会議に円滑に参加することができます。

 また、社外のセールス活動に特化したテレビ会議システムも可能で、遠方中のクライアントからテレワークでも商談することも可能です。

3. 情報共有するためのリモートツール、データレス

「データの情報共有といえばクラウドのファイル共有だよね」とお話しされる方が多く実際、クラウドの共有ファイルを使っている企業や個人の方は多い状況です。

 ただ、テレワーク、在宅勤務になるとクラウドのファイルストレージだと面倒なことが

・パソコンにあるすべてのデータの共有は難しい
個々のパソコンにローカルで使っているファイルを含めて共有は難しい

・パソコンのアプリまで共有することが難しい
エクセルワードなど法人で使っているアプリケーションを個人のパソコンに入れることはお金の問題もあり、難しい

という2点です。

 また、会社の社内パソコンをもっていくことも情報漏洩の観点からお勧めしません

 その場合、有効なツールとしてはリモートで会社のパソコンにログインして遠隔で社内パソコンを使う方法です。

 個人所有のPCからログインできますが、出来れば「データレスPC」「シンクライアント」というわれるデータを保存しない、遠隔操作を前提とした端末を会社が貸し出すことが望ましいといえます。

4. 人事総務管理ツール

勤怠管理システム

 テレワークにおいては勤怠管理が面倒なことの1つです。

 クラウド上で出勤、退勤の打刻ができ、GPS記録機能があるため、外出先でも打刻できるため直行直帰が可能です。

交通費など経費精算システム

 営業マンや工事人が直行直帰するかたちで在宅勤務とする場合も多くあります

 その場合、交通費などの経費申請が簡単にできる仕組みをとっておくことが必要です。

 クラウドの経費申請では、申請方法も簡単で、スマートフォンやパソコンから申請することができ、交通系ICカードで専用のカードリーダがあれば、乗車履歴を読み込むことができ、そこから申請・承認ができるため時間の節約にもなります。

 自動計算してくれるため申請する側は間違うことがありません。

 

在宅勤務・テレワークシステムなら、MOT/Telework

お問い合わせは、配線レスキューの問い合わせフォームよりご連絡ください。

テレワーク・在宅ワーク構築サイト

もしくは上記サイトの問い合わせにて「配線レスキューサイトより」の記入をお願いします。

 

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホンLAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。