main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

電話受付:平日9:00~17:30
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

三重県 断線!?接続部分がビニールテープ? 事務所の複合機にFAXが届かない!

三重県の会社事務所から、「複合機でFAXが受けられなくなってしまった」「何とか復旧できないか」と修理の依頼がありました。電話での聞き取りでは、「FAXと電話回線との接続部分がビニールテープで巻いてある」との事でした。通常ならば、接続部分は「ローゼット」という器具でFAXの電話線と接続し取り外しも容易になる様に工事するため御電話でうまく状況を聞き取れなかったのだろうと思い、まず現場を見て復旧作業をするため訪問することになりました。

復旧作業訪問で現状確認、なんと本当だった、、、

依頼先の事務所へ訪問すると、なんと!「接続部分がビニールテープで巻いてある」が本当であることがわかりました。断線の疑いのある接続部分のビニールテープを外すと、中から現れた線は銅線同士を撚り合わせて繋いであることが判明しました。この様な接続方法では引っ張りに弱く、半田で接着しても外れやすくなります。そしてやはりこの部分の接触不良が原因でFAXの不具合が起こっていることが判明しました。

【訪問時の状態

【接続部分 拡大図】

断線の復旧作業および通常の接続方法に改修

今回の不具合の原因となった接続部分は、電話工事で一般的に行われる手法を使うことで復旧できます。一般的に接続部分には「ローゼット」を敷設し、複合機の電話線と接続します。この方法であれば電話線の取り外しも容易で引っ張りにも強くできます。また、事務所内の見栄えもビニールテープより良くなります。

【復旧作業後】

【ローゼット 拡大図】

作業後、通信確認のためFAXのテスト着信を行ったところ問題なく着信したため、無事復旧したことを確認できました。復旧前のビニールテープ内の接続方法は謎ですが、今後は不具合なく通信を行うことができます。

◆今回の工事対応店
配線レスキュー 伊勢店

 

配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

 

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。