main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

電話受付:平日9:00~17:30
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

余ったLANケーブルは丸めて使ってよいの?

 ケーブルを丸めて使うのは避けたほうがよいです。

 理由は「ケーブルを丸めた箇所で、伝送性能が悪くなる可能性がある」ためです。
 ケーブルを束ねると、隣のケーブルからノイズを受けることもあります。どうしても丸めて使う場合は、ケーブルの束ねる径を大きくした方がよいです。

 LANケーブルには、シールドなしのUTPケーブルと、シールドがあるSTPケーブルがあります。
 オフィスや家庭で一般的に使われているのは、安価で取り回しがしやすいUTPケーブルのほうです。
 ケーブルの規格によって違いはありますが、最低でもケーブル外径の4倍以上の曲げの半径が必要とされています。

 余ったケーブルを束ねるときは、結束バンドをつかうとよいです。
 結束バンドを使う場合は、バンドを動かせるくらい緩く締めるのが望ましいです。

 

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

 

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。