main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

埼玉県 離れた事務所同士をLAN配線

 今回の工事は埼玉県の設計事務所様です。事務所を新たに増設されたのか、事務所間をLANケーブルで結びたいとのご要望でした。

配線ルートを探す

 このようなケースのでは、まずルートを探す必要があります。どうやって元の事務所の屋内から屋外へ配線を出し、新しい事務所のどこから屋外の配線を屋内に引き込むかを探します。しっかりと下準備を行うことで、その後の作業がスムーズに行えるようになります。

隣接する事務所までは1~2m

 事務所と事務所の間は1~2mで隣接しています。しかし、配線は1~2mで隣と繋いで終わり、とはいきません。実際の配線ルートを図解してみました。事務所の壁にもともとある穴を使うためこの様なルートになりました。

 実際の配線ルートを画像で追いながら見ていきます。

 

起点となる事務所のルータ。ネットや電話へ回線が来てる。

事務所内から屋外へ配線を行う。すでに壁には穴が開いているため、それを利用して屋外へ出す。

外壁には屋外用防水カバーがあり、そこから屋内とアクセスできるようになっている。
隣の新しい事務所へ配線するため、配線を屋根へ上げる。
引っ掛け金具まで配線を引き、しっかりと留める。
引っ掛け金具から新しい事務所方面へ対角にLANを引く。
新しい事務所へ、引っ掛け金具間で配線を渡す。
新しい事務所内へ穴を開けて配線を引き込む。
新しい事務所内では、天井部分にモールで指定場所へ配線。
天井付近を目立たない様にモールで配線
目的の場所へ配線を落とす。
指定場所へLANケーブルを出す。

  直線距離ならわずかなのですが、建物の構造・人の導線などを考慮するとこのようなルートで配線することになります。結果、大回りする事になりますが、断線トラブルなどの防止を考えると一番最良の配線ルートになります。ちなみに、今回使ったケーブルはCAT6の屋外線を使用しました。

 お客様からアンケートのご協力もしていただきました。ご協力ありがとうございます。

 

◆今回の工事対応店
配線レスキュー 久喜店

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

★ 電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

★ 下見訪問無料

★ しつこい営業電話なし

★ 担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。