main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

埼玉県川越市 個人宅 1階から2階への屋外LAN配線

 今回の依頼は、1Fから2Fまでの屋外配線です。早速ご訪問させていただき、ヒアリングと現地下見をさせていただきました。「光回線のスピードを生かしたい」とのご希望です。

下見にて作業内容確認

 現状では、ルータは1F玄関にあり、そこから2Fのお部屋までLANケーブルが露出で引かれていました。人の導線をまたがるLANケーブルは踏まれたのか被覆が破損してる部分もあり、中の芯線が見えていました。今回はそのLANケーブルの配線を屋内から屋外へ変更しCat6ケーブルに変更します。それにより、配線は整理され、LANのケーブルをCat6にすることによりインターネットのスピードアップも可能になります。

工事内容

 屋内と屋外間の配線を行う場合、ビルなどでは配電盤などの設備を使いますが、今回は個人宅のため配管も周辺にないため、1階側は許可を得て壁に穴を開けさせていただきました。

1階の外壁。内部へLANを引き入れるため壁に穴を開けている。LANケーブルは黒い外皮(シース)で覆われているケーブル。

 今回は屋外の配線のため、屋外配線専用のLANケーブルを使用します。1階の外と内を見比べるとケーブルの色が違うのがわかります。屋外部分は通常のケーブルに高耐久ポリエチレンの外皮(シース)で耐候性を高めてあります。屋内では外皮(シース)は、柔軟性に欠けるため外します。

1階内壁。外から穴を開けた場所はパテで埋めてある。LANは外皮を取り通常のケーブルの状態にしてある。

 

 1階から2階までの屋外配線ルートは、以前にADSLで使用していた既存配線があり、敷設するLANケーブルを既存の配線にインシュロックで抱き合わせ配線することで壁に新たな施工工事が不要になり、施工による壁のダメージもなく時間短縮が可能になりました。

壁の配線はインシュロックにて既存の線に抱き合わせてある。同じルートのため目立たず壁のダメージもない。

 2階の室内へはADSLを使用していた既存の穴が開いたため、その穴を拡張しLANケーブルを入れます。こちらの穴もパテで必ず塞ぎます。内側は壁が脆いため、コンセントプレートを作成できず、ローゼットタイプにしています。

2階壁にある配線を取り入れた穴。元はADSLの配線が入っていた。
2Fの室内は壁素材の関係で、ローゼットタイプのコンセントを作成。

 

今回の料金は、部材の【屋外線LANケーブルCat6:30m】と作業費で、40,000円となりました。

 

この様な、屋外LAN配線が必要な案件は、配線レスキューにご相談ください。お手伝いいたします。

 

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。