main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

大阪府 精密切削加工の製作所様 配線工事 

大阪の精密機器を製作している会社様から配線整理ご依頼があり、事務所でネットワークの不具合がたびたび起こるが配線が追えないため整理したいとのご要望でした。ただ、ネットワークの状況を確認すると、単に配線整理するだけでは解決しないということがわかりました。

ネットワークが不安定になった原因究明のためルータやHUBなどの基幹機器類を確認したようとしたところ、それまでの社屋拡張やレイアウト変更で増設された機器や機器の接続のためのLANケーブルが絡みあり、その状態で床下に敷設され行く先はもはやどこなのかわからないという状態でした。

ネットワーク不調の原因は…

ネットワーク機器が正常に動作しケーブル類も正しく接続さえしていれば、ネットワークが不安定になることはありません。そこで現場の機器の動作やケーブルの状態を確認してみると、基幹となる16porのHUBと床下へ伸びるケーブルの不良が判明しました。ネットワーク機器の中でもHUBは常時データが流れ続けるため必然的に酷使される機器となります。高耐久の製品でも一定のサイクルで交換がなされる製品です。今回基幹となるHUBが消耗して不安定になっていました。また、床下へ敷設されていたLANケーブルも長年踏まれたりしたため破損していました。

基幹機器周辺は、長年増設などを繰り返したため機器や配線の状況が煩雑になってしまっている。

床上部分で破損したケーブルをは取り除き、新たなケーブルを床下部分も含め敷設しなおす。

動作不安定なHUBを同時期に設置された別のフロアも含めて新たなHUBと交換、破損したケーブルも新たに敷設し不安定なネットワークを解消しました。また基幹機器周辺も今後トラブルに見舞われた際に早期復旧が出来るように配線を整理しています。

この様に整理された状態を維持できれば今後の機器増設や改修、障害時の早期復旧にもつながります。また、配線で躓く・踏んで破損するなどのトラブルも避けることができます。

情報通信の業務を行っていると、規模拡張やレイアウト変更などで機器が増設され設置場所が煩雑になったと思われる現場をよく見かけます。同じような状態でお悩みの際は、ぜひ一度配線レスキューにご相談下さい。

◆今回の工事対応店
配線レスキュー 城東店

 

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。