main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

広島県 マンション室内のLAN配線

 最近のマンションは、室内がマルチメディア対応になっている事が多くなっています。TV用の同軸ケーブルは各部屋まで配線されていることが多く、入居時にすぐ使える状態になっているようですが、LANケーブル関してはそうでない場合が多いようです。そのためか配線レスキュー宛に各部屋へのLAN配線の依頼が多数寄せられます。今回の依頼は、光回線を引いたものの工事は各部屋まで行わないといわれ、配線レスキューへ依頼をかけたとの事でした。

ユニットバスの上に配管が集合

 マンションの室内に光回線を引いている場合、室外から室内への経路としてよく使われるのが浴室の天井裏です。ユニットバスの天井は点検口になっている場合が多く、その天井裏に各部屋への配管が集合するジャンクションの状態になっていることがあります。今回もユニットバスの天井裏がジャンクションになっており、光回線の終端装置(ONU)があるリビングからユニットバスの天井裏を通り目的の部屋へと配線することが出来ました。マルチメディアコンセントはLAN用ジャックの処理を行っています。

モール処理は目立たないように 

 目的の部屋では、LAN用ジャックの位置からPCの設置場所が向かい側になるため室内にモールを敷設しLANケーブルの隠蔽と安全性を確保しました。モールを敷設する際は、床面の色と同系の色を選ぶことで見栄えも考慮できます。

 画像では見えづらいですが、壁下の淵に床と同系色のモールが敷設されています。このように色合わせをすれば、部屋内の見栄えを損なわず配線することができます。施行を行った作業員は、依頼者様に『モールを使ってここまで綺麗に配線してもらえるとは思わなかった。』と声をかけてもらったそうです。

 この様な配線はオフィス事務所では良く行われます。オフィス事務所は配線のことを考慮して作られているため隠蔽処理が容易に行えるようになっています。オフィスと同様な配線は一般住宅では難しいかもしれませんが、以前より自由度は増してきています。

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。