main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

福岡県 某有名貸会議室のLAN配線工事依頼

 

貸会議室やレンタルオフィスは以前から需要は有りましたが、昨今の移動制限などで出社が不可能な状況から需要は高くなっている状況の様です。リモートワークではTV会議も盛んにおこなわれていますが、その際に接続するLANが使用状況に耐えられずで会議が中断するなどのトラブルも多かったようです。今回紹介する工事は、接続トラブル防止を前提としたLAN配線工事となります。

ケーブル2本で強化

運営されている会社からは『2つの会議室に、それぞれ2本のLANヶーブルを引いてほしい』とのオーダーがありました。これは1本のケーブルに掛かる負荷を分散する狙いがあるためかと思います。

このような負荷分散はネットワークを構築する場合によく見受けられます。また、重要な幹線用のLAN配線を行う際も断線などのトラブルを想定してバックアップ用に2本目のLANケーブルを引いておくことも良くあります。それ以外にも二重化や冗長化等の様々な理由から2本目のケーブルを引くことがあります。

サーバ側

マウントされたパッチテーブルとスイッチが2台。サーバラックでは端末への配線をまずパッチケーブルへ接続し、スイッチと短いケーブル(パッチケーブル)で繋ぐ。利便性と障害時のダウンタイムを短くすることが目的で、さらにスイッチを2台に(冗長化)することで機器故障時に備える事も可能になる。

会議室側

2部屋の会議室それぞれに2本のLANケーブルを配線し、壁のプレートに2口のモジュラージャックを増設。今回は負荷分散が目的であるためネットワークは同一になっている。そのため、同室のモジュラーからHUBなどを増設し配線した際にループなどのネットワークトラブルを起こさないように注意が必要である。

無線化・サーバラックからの配線も対応可能

今回の工事は合計で2か所4本ののケーブル配線とでしたが、時にはサーバラックの組み立て及び入れ替え・ラックにマウントしているスイッチのアップグレ―交換・大容量対応LANケーブルへのアップグレード・無線APの設置工事、など様々な工事が同時に行われます。

そのような工事では経験が必要になりますが、配線レスキューでは経験豊富な工事会社が多数所属しています。ネットワーク工事でお悩みの際は、お気軽にご相談下さい。

 

◆今回の工事対応店
配線レスキュー 福岡東店

 

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • テレワーク工事は配線レスキュー!

    テレワーク配線工事
  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホンLAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。