main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

私のテレワーク環境公開!テレワークの現状

コロナウイルス感染防止対策のため、在宅ワークの方も多いとおもいます。私も現在は在宅ワークで、テレワークで仕事を行っています。

今回、私の使用しているテレワークシステムのテレワーク環境とその現状を公開することで、ストレスを軽減されたい方や今後テレワークシステムの導入を考えている方の参考になればと思います。

初めに、手前みそ(?)になりますが、私が利用しているのは自社開発のテレワークシステムです。働き方改革以後、今後のテレワークの時代を見据えて、以前から自社開発のシステムを会社が導入していました。この自社開発のシステムはもちろん他社への販売を目的にしていますが、このシステムを会社が導入していたことで私の在宅勤務の不安とストレスを軽減してくれることになりました。

テレワークしてわかった必要な3つの条件

まず必要な条件の1つめはインターネット回線。これはテレワークをするためには必須にです。ですが昨今は光回線も普及しているため、あまり問題ではないかもしれません。私も光回線を使用しています。が、もともと快適でないスピードは外出自粛の影響からか、さらにスピードが落ちてしまいました。しかしテレワークでは問題なく使えています。

次にパソコン。こちらも普及しているため問題ではないかもしれません。気になるのはPCのスペックだと思います。私のパソコンはだいぶ前に中古で買ったWindows7のノートパソコンで、テレワーク用に急遽Windows10にアップデートして使用しています。さほどスペックは高くないですがテレワークには使えています。(OS:Win10 32BIT /CPU:COERi5 2.5Ghz/メモリ4GB)

テレワークでは電話も必須です。こちらはスマートホンの電話機能活用すれば会社や顧客と連絡がつきます。またSNSを活用することで情報共有も出来ます。ただ私の場合、電話機能やSNS機能は弊社のテレワークシステムを活用していますので、スマートホンは必要最低限しか使っていません。

仕事が効率よく行える環境って?

インターネット回線・パソコン・スマートホンは在宅勤務の必須条件ではありますが、必要最低限であり仕事が効率よく行える環境とは言えません。

一番効率よい環境はといえば会社と全く同じ環境となるでしょう。当たり前ですが会社のPCで会社のシステム使い、会社の電話を使えば効率は上がります。

しかし、会社のPCを持ち出し会社のシステムを自宅から使用するのはセキュリティの問題がありますし、そもそもPCの持ち出しが禁止されている会社も多いかと思います。私の会社もPCの持ち出しは不可です。また、会社の電話をそのまま使うのは困難です。

ストレス軽減 私のテレワーク環境 

私の仕事は、ネットと電話を多用します。『社内の基幹システムにアクセスできない』『会社電話が使えない』環境は非常に効率が悪く仕事になりません。しかし私の会社のテレワークシステムは、会社環境にかなり近い状態を作ることが出来るため、ほとんどの仕事はストレスを感じずに行うことが出来ています。

私の環境をごく簡単に説明すると

  • 自分のPCから会社のPCをリモート操作して使用している
  • 電話はPCの電話ソフトを利用して掛けている

ということ状態です。

つまり、『私の在宅ワークはリモートワークで、ソフトフォンで電話をかけている』という事になるのでしょうか。

簡単な使い方説明と使った感想

まず自分のPCから会社のPCをリモート操作して使用しているから。

会社のPCをリモート操作するにあたって必要な操作は2つです。

  1. 会社のPCと繋げるソフトを立ち上げる。
  2. 「リモートデスクトップ」を立ち上げる。

最初に社内の自分個人のPCに接続するルートを開き、リモートデスクトップで操作するというイメージです。社内PCが私物のPCの画面に映し出されているという感じですが、特に操作に違和感は無く社内PCを操作するのと変わりません。

また、社内PCのファイルを私物PCにコピーすること等はできません。これはセキュリティのためで、情報漏洩を防ぐ目的のためにそのように出来ているとの事です。

次に『電話はPCの電話ソフトを利用して掛けている』です。

PC用の電話ソフトの操作は簡単で、テンキーで電話番号を入力してボタンを押すだけです。通話はマイクとスピーカーを使います。このソフトでは社内の内線・社外への外線通話が出来ます。また電話帳はクラウドで共有され、履歴も見れます。

USBタイプの電話機があればマイク・スピーカー・テンキーが付いていますので便利です。私の場合はヘッドセットを使って通話をしています。番号はテンキーでの入力になりますが、両手がふさがらずメモを取ったりPCの操作が出来て手が疲れないためお勧めです。

その他テレワークで便利な事など

その他にもテレワークで使用して、便利だと思った事も紹介します。

  • 追加のモニター:PCのモニターにもう一台追加でモニターを接続することでいわゆるデュアルモニターです。作業効率がかなり上がります。
  • SNSのチャット機能:同僚とチャットや所属部署でのグループチャットで短文のやり取りが出来るのは便利です。
  • ビデオ会議システム:社内で遠隔地の部署担当が参加するために使用していました。しかし気軽に利用できるため社内の部署の朝礼やミニ会議、社外の方との打合せにも使用しています。※WEBカメラは必要
  • スマホの出退勤アプリ:直行・直帰の際に使用しているのですが、現在は在宅ワークの開始と終了に利用しています。実はこのアプリは電話アプリとして開発されたものでPCの電話ソフトと同様に内線外線通話はもちろん、チャット機能・出退勤管理などなどの機能があります。

 

自社ののテレワークシステムはでテレワークを行うために必要な機能が一通りは揃っていました。そこに少しカスタマイズしてさらに使いやすくすればストレスは軽減できると感じました。回線スピード・PCのスペック・仕事をする環境・・・などなど不安はたくさんありましたし、今もすべて会社と同じ環境とはいきません。しかしうまくシステムを使ってストレスを軽減できれば効率も上がると感じました。

このシステムに興味の有る方は下記のリンクで詳しい内容を書いていますので参考にしていただければと思います。

テレワークシステム参考ブログ

また、紹介したテレワークシステムのご質問やお問い合わせは、配線レスキューの問い合わせフォームまたは御電話で連絡ください。TEL:0120-961-220

 

カテゴリ

最新の投稿

  • テレワーク工事は配線レスキュー!

    テレワーク配線工事
  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホンLAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。