main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

1階から2階への有線LANの工事費用

 

一般住宅のLAN配線工事依頼で最も多いものが『1階から2階に有線のLAN配線をしたい』というご依頼です。1階から2階に限らず、『別の階に~』や『同じ階の別の部屋に~』などの依頼も多く有ります。

そこで、配線工事の料金がいくらになるか、概算見積もりの算出方法と最終的な費用の平均を記載します。工事を依頼する判断材料にお役だてください。※概算のため最低限度の部材費にて算出しておりますので、正確な金額は下見により算出されます。

配管がある場合

【条件】ケーブル1本分:作業人1名・ケーブル(Cat6)20m使用・両端部モジュラージャック成端

派遣作業費30,000円+部材代5,200円(ケーブル2,000円+モジュラージャック1,600円×2)+雑費5000円

= 40,200円

2本目以上のLANケーブルが必要な場合は、部材代5,200円が加算されます。

【追記】過去の工事では、下見で追加費用が必要となることも多く「20m以上のケーブル」「既存部材からの交換」「HUBの追加」などがありました。

過去の工事費用の平均は、4.5万円~5万円となっています。

【参考例】5本のLANケーブルを引きたい場合は、材料費5,200円×5=26,000円が追加となり61,000円となります。

【配管の有無の判断材料】

下の画像の様なプレートに、「TEL」「LAN」の表記がある物・「穴が開いているチップ」が壁に取り付けてある場合、壁内に配管がある可能性があります。また、将来使用を想定した「ブランクチップ」や「ブランクプレート」を取り付けてある場合もあります。ただし、電源やTV用のプレートには壁内に配管を敷設していないためLAN配線はできないため注意が必要です。

マルチメディアプレート

電話用のチップの付いたプレート

 

配管が無い場合

【条件】ケーブル1本分:高所作業のため作業人2名・屋外線ケーブル(Cat6)30m使用・両端部をプラグ成端

派遣作業費60,000円+部材代16,200円(ケーブル15,000円+プラグ600円×2)+雑費5,000円

= 81,200円

2本目以上のLANケーブルが必要な場合は、やはり部材代16,200円が加算されます。

【追記】過去の下見では、住宅の間取りからケーブルが40~50m必要な場合が多く有りました。また外壁のからのケーブル入線後に防水加工などが必要なケースもあり有りました。

過去の工事費用の平均は、8.5万円~9.5万円となっています。

【工事で使用する部材】

屋外でLAN配線をする場合、被覆が耐候性素材になっている「屋外用LANケーブル」を使用します。屋外用のLANケーブルは30年以上の耐久性有ります。屋内用のケーブルを屋外で使用した場合、1年~2年ほどで被覆が硬化するため障害の原因となります。また、壁に配線をビス留めするための「クリート」や引き込み用の穴を開けた際の防水対策のために「防水入線カバー」を使用します。

屋外線を使用した工事例。黒い線が屋外線

壁に配線をビスで固定する「クリート」

工事方法に関して弊社ブログにて工事方法を紹介いたしております。こちらをご覧ください。

ご自宅がどのケースに該当するか、費用がどのくらいなのか参考にしていただき、御予算に問題が無ければご連絡ください。お聞き取りをさせていただき弊社の加盟店の下見手配をさせていただきます。

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。