main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

電話受付:平日9:00~17:30
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

1階から2階へ有線LANが必要な訳

最近の配線レスキューでは、個人宅様から「一階から二階へ、有線LANの配線をしたい」というご依頼が多くなっています。なかでも、今まではWiFiでインターネットを使っていたが、有線LANに変えたいという相談依頼が相談の8割ぐらいになります。

 

なぜWi-Fiではだめなのか

なぜあえて無線から有線に変えたいのか、とお聞きすると「WiFiの電波が届かない」「電波は届くが、動画を見るほどの電波強度が無い」「Wifiの機械同士で中継させたいが、中継の設定が難しい・・・」という事でした。WiFi機器の電波の問題・機器設定の問題で、有線LANを希望されることが多いようです。

無線の電波が届かないのはなぜか

有線LANを引きたい理由で一番多いのは「WiFiの電波が届かない」です。これは、機器の電波強度の問題ではなく、WiFi機器の設置場所による問題がほとんどです。NTTの光ルータのオプション【WiFiカード】や市販のWiFi機器などが主に使われていますが、その機器の設置場所から距離が離ていればいるほど、電波強度は弱くなっていきます

次に多いのは、「電波は届くが、動画を見るほどの電波強度が無い」です。こちらも同様にWifi機器からの距離が離れている場合が多いのですが、さほど距離が遠くない場合でも起こります。WiFi機器のと受け取り側の間に、遮蔽物がある場合や電波障害を起こすものがある場合に電波強度が弱くなります。遮蔽物としては、鉄骨・コンクリートなどの電波を通さない物としては一般的ですが、電波を通すものでも3枚(3層)ほど重なれば、電波は弱くなっていきます。また、電子レンジ・掃除機など電磁波を発する家電や、車の往来が多い道に部屋が面している等も、WiFiの電波を弱くする原因になります

無線機器の設定はハードルが高い、、

最近のWiFi機器には中継機能を持つ物(子機モード)があります。電波が届かない場所へ電波を増幅しながら中継する機能ですが、やはり【機器設定】という事が、ハードルを上げているのかもしれません。「Wifiの機械同士で中継させたいが、中継の設定が難しい・・・」という依頼者のお答えはそれを表しているように思います。

快適に解決するなら有線LAN

依頼される方は原因がわからないかもしれませんが、結果として有線LANを二階へ配線にすることで、安定した通信を行う環境を二階に作ることができます。WiFi機器は、その有線LANに取り付ける事で電波強度の問題が解決するケースが多いです。

二階への有線LAN配線は、近い将来的のマルチメディア化に備える意味でも有効な工事です。

 

WiFi工事に関しては、下記のバナーより詳細ページへどうぞ

 

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。