main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

電話受付:平日9:00~17:30
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

LANケーブル Cat6とCat5eの中身を見てみよう!

最近ではLANケーブルの『カテゴリ』が一般にも浸透してきました。光回線の普及で大容量のデータ通信が可能となり、そお機器環境も一般ユーザーが安価の揃えることが出来るようになりました。「インターネットやネットワークのスピードを早くしたい!」というニーズからLANケーブルもその環境に対応した製品が求められるようになったためだと思いいます。

LANケーブルのカテゴリー、そのスペックは?

一般的に使われているLANケーブルのカテゴリを簡単な表記にすると下記のようになります。

  • Cat5    →  100Mbps に対応
  • Cat5e  →  1Gbps に対応
  • Cat6    →  1Gbps に対応

Cat5はすでに時代のニーズにスペックが合わず、今使われることはほとんどありません。ではCat5eとCat6はどうかというと、上記の様に簡単に表記すれば同じギガビットの伝送速度に対応したケーブルとなります。しかしもっと詳細なスペックでは、Cat5eが伝送周波数帯域が100MHzに対しCat6は伝送周波数帯域が250MHzという違いがあります。これは伝送周波数帯域の幅が大きいほど伝達できる情報量が多いことを意味します。

Cat5eとCat6の違いを簡単にいうと、、

Cat5eとCat6は、スペックで言えばどちらも1ギガビットに対応したケーブルで、違いは伝送周波数帯域がCat5eが100MHz・Cat6は250MHzという点です。しかしこれでは少しわかりにくいので水道管に例えてみましょう。

Cat6は地中の太い土管・Cat5eは家庭内の細い配管として考えるとよいでしょう。水の流れは同じ速さですが太い土管には多くの水が流せます。しかし家庭内の細い配管には多くの水は流せません。伝送周波数帯域は管の太さと考えればわかりやすいと思います。

LANケーブルの中身を見てみよう!

スペックの表記ではこのような違いがありますが、実際の中身はどうなのでしょう?カテゴリーの差はケーブルの構造としても違いがあるのでしょうか?それを確かめるために中身はどうなっているのか実際に見てみましょう!

まずはCat5eケーブルです!2本の心線ペアになった線が4ペア入っています。

 

次にCat6ケーブルの中身を見てみましょう!

見た目では線の本数・形状はCat5eケーブルと同じですが、ペア線の中心に十字の仕切りが入っています。これは『十字介在』といいます。ケーブルの捻じれ防止や中身の位置ずれ防止として機能していますが、十字介在の本来の役割はケーブル同士が近くなることでおこる『干渉ノイズ』や『伝送信号の漏れ』を防止すること、つまり伝送損失を防ぐことにあります。

 

中身の心線も比較してみましょう!いずれのカテゴリーのLANケーブルでも中身の線は2本が撚ってペアとなっており、これをツイストペア(ヨリセン)といいます。同じケーブルの内部でも心線の撚りの回数(ピッチ)は違います。オレンジと茶色を比較すると違いがわかります。この撚りのピッチを微妙に変えることで、1つのペアに流れるデータが別のペアに混入することを減らす効果があります。

Cat5eとCat6ケーブルの心線は見た目こそ同じに見えますが、Cat6ケーブルの心線の方が硬く、成端する際の指先の感触では心線が少しだけ太いように感じます。確証はありませんが、心線を太くすることで、信号が伝わっていくにつれ弱くなってしまう、『減衰』を少なくしているのではないかと思います。

このように中身や品質の違いによって、『伝送周波数帯域=通信速度」に差が出るのです!

Cat6以上はケーブルの成端精度に注意!

LANケーブルを作成するには特殊な圧着工具、それに知識と経験が必要になります。特にCat6以上のケーブル成端に精度が求められます。成端精度が悪ければ正常な伝送スピードが出ません。つまりCat6の本来のスペックを生かせないことになります。市販の完成したケーブルでは長さが足りないなどの理由から自作でCat6ケーブルを敷設する場合は成端時の精度に注意しながら行ってください。ただ、環境によっては個人でケーブルの敷設が難しい場合もあります。その際は無理をせず、プロの工事人にご依頼ください。

 

関連記事:LANケーブル Cat6Aが企業を中心に徐々に普及中!?気になる中身を見てみよう!

 

LAN配線工事はプロの配線工事人にお任せください。

配線レスキューは、

電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

下見訪問無料

しつこい営業電話なし

担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

 

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。