main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

Wi-Fi機器を設置・設定する時のコツ スモールオフィス編

「Wi-Fi」は一般家庭・企業ともに数多く導入され、公共から私用まで様々なかたちで利用されています。しかし、機器導入時の設定にはコツがあり、そのハード・ソフト面の設定によっては後々トラブルになる場合もあります。

今回はスモールオフィスを対象とした設定と注意点を紹介したいと思います。スモールオフィス編では一般編と同じく家電量販店で購入できる機器を使っていますが、一般編とは違い詳細な設定を行います。そのためPCでの設定は必須となります。また、ある程度のネットワークとセキュリティの知識を必要とします。特にIPアドレスに関しては必須となります。設定に不備がある場合はネットワークに影響が出たりセキュリティが甘くなってしまうため、もし設定や知識に不安があるならばネットワークエンジニアに依頼すべきです。

オフィスで使用するWi-Fi機器の設定は、「機器のIPアドレス」・「機器ログインID/Password」・「無線の暗号化方式」・「無線名(SSID)やPassword(接続KEY)」など機器の管理やセキュリティの観点から初級編とは違い、機器任せの自動設定ではなく任意に行う事を推奨します。

設置環境条件

すでにルータが設置されており、インターネット等のネットワーク環境が整っている状態。

Wi-Fi機器を新たに設置し、タブレットなどの機器へ無線LANを提供する。

Wi-Fiは無線LAN機能のみで動作することを目的として設置する。

ハード設定

ハード的な設定はLANケーブルの接続や物理的なスイッチ変更で、メーカーにもよりますが、ほとんどのメーカは背面にLANケーブルの接続部やスイッチがあり、その部分で行います。スイッチ部分の詳細は同一メーカでも機種が変わったり新製品が販売されると変更されるため機械購入時についている説明書にて確認してください。スモールオフィスで設置設定を行う場合、初めて設置する機器の説明書や仕様確認は必須です。

今回は【BUFFALO】の機械をサンプルとして設定方法をご紹介します。メーカによって表記が違うため、【ELECOM】【I/Oデータ】【NEC】も参考として併記します。

【モード切り替えスイッチ】

スモールオフィス編では“OFF”を選択。(BUFFALO以外のメーカーではAPまたはBR)「無線Wi-Fiのアンテナとしてのみ使う」とし、詳細な設定はPCで行う。LANケーブルを指すポートは基本的に”LAN”。。

【機器背面の状態】

モードスイッチと無線機器側のLANケーブルの接続。LANケーブルはLANポートに接続が基本。ただし、どのポートを使ってもよい機器もあるため説明書を参考にする事。ちなみに残りのLANポートはHUBと同じ様に使用出来る。

他社の記載例

ELECOM:「AP・RT」※APはAUTOも兼ねる

I/O DATA:「ルータ・AP・自動」

NEC:「RT・BR」※BRはAUTOも兼ねる

RT:ルータの略。この場合はルータと無線LAN機能を兼ねる。AP:アクセスポイントの略。無線LAN機能のみ。BR:ブリッジモード。厳密には違うがAPと同じと考えてよい。

事前準備

【現状確認】社内のネットワークからIPアドレスを調査

オフィス内(ローカル)ネットワークのIP情報を調べるため、PCで“コマンドプロンプト”を立ち上げます。PCのスタートボタン内の「検索」から「コマンドプロンプト」を検索するとヒットします。
コマンドプロンプトの画面で”ipconfig“と入力し、ネットワークのIP情報を確認します。枠内の情報が必要なIP情報です。『IPアドレス』自分のPCのIPアドレス、『デフォルトゲートウェイ』はルータのアドレスとなります。
コマンドプロンプトの画面で”arp -a“(-aの前は半角スペースあり)と入力し、すでに使

用しているIP情報を確認します。枠内の情報がすでに使っているIP情報です。

【詳細確定】調査から本体へ設定する詳細を確定する

設定のために必要な情報として、【192.168.0.X】のネットワークを使用し、デフォルトゲートウェイ(ルータ)のアドレスが【192.168.0.1】で、【192.168.0.2~192.168.0.3】までと【192.168.0.100~102】が使用されているということが得られます。この情報をもとに無線機器の設定を行っていきます。本体の設定するにあたり必要な情報は、ネットワークを事前に調査した情報と任意に決める情報を使用します。

事前に調査した情報

  • 本体のIPアドレス:192.168.0.110 ← 現在使用していないIPアドレスを使う
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1
  • DNS:192.168.0.1 ← デフォルトゲートウェイ同じ値で良い

また、無線名(SSID)とパスワード(KEY)も任意に決め、無線の暗号化方式を選択します。無線の電波は、2.4Ghzと5Ghzの2種類飛ばすことが出来る機器が多く、無線名(SSID)とパスワード(KEY)もその両方に設定する必要がありますが、どちらとも同じでも構いません。

任意に決める情報

  • 無線名(SSID):test  ← 任意の名前に変更
  • パスワード(KEY):Test001 ← 任意に設定。今回はわかりやすくしていますが、他人に分からない解読されにくいパスワードにする
  • 暗号化方式:現在実装されている中で一番安全なWPA2/PSK(またはWPA2/AES)を選択

本体の設定するには、PCを使用します。PCと無線機器本体をLANケーブルで繋ぎ、本体へロググインした後に必要な情報を項目ごとに入力し設定します。

【機器接続】PCと無線機器を接続し設定を行う

PCと無線機器を物理的に接続する。

PC本体のLANポートと無線機器のLANポートをLANケーブルで繋ぎ、設定の準備をする

PCのアドレスを固定する。

PCの『コントロールパネル』から『ネットワーク接続』を開き、無線機器を設定するためのIPを入力する。設定後はもとに戻して置くこと。※バッファロの場合、無線機器の初期IPは192.168.11.100

本体設定

無線機器へログインし、機器の設定を行います。今回はバッファロの一機種を参考例として使用することになりますが、メーカや機種の違いから、設定画面は変わりますが、基本は下記の情報を必要な設定項目に入力していくことになります。

【必要情報】

IPアドレスの設定情報

  • 本体のIPアドレス:192.168.0.110 ← 現在使用していないIPアドレスを使う
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1
  • DNS:192.168.0.1 ← デフォルトゲートウェイ同じ値で良い

無線の設定情報

  • 無線名(SSID):test  ← 任意の名前に変更
  • パスワード(KEY):Test001 ← 任意に設定。今回はわかりやすくしていますが、他人に分からない解読されにくいパスワードにする
  • 暗号化方式:現在実装されている中で一番安全なWPA2/PSK(またはWPA2/AES)を選択

パスワードの変更

  • 任意 セキュリティの観点から、初期値から変更する事
ブラウザにIPを入力し、機器にログインする。参考例として使用するバッファロの無線機器にログインする場合の初期値は下記となっている。他メーカー等は説明書を参照する。

  • 初期値のIPが192.168.11.100
  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password
ログイン後に表示される画面。設定する場所は赤枠で示した3つのタブの場所。目的はIPアドレス・無線・パスワードの設定の変更。タブを切り替え必要な項目に準備した情報を入力していく。
【LAN設定】のタブでは本体のIPアドレスなど、事前に調べた情報をもとにIPアドレス情報を入力する。『LAN側IPアドレス』は手動設定に変更し入力する。IPは社内で使用していないIPであればどれでも良い。

【無線設定】のタブでは無線名(SSID)とパスワード(KEY)の設定・暗号化方式を設定する。設定は手動で設定するため、SSIDの項目の『値を入力』にチェックを入れて任意のわかりやすい無線名に変更する。『無線の認証』方式はWPA2もしくはWPA/WPAmixed modeを選べばよい。『WPA-PSK(事前共有キー)』はパスワード(KEY)の事。任意に変更して良いが解析されにくいものにする事。
【管理設定】タブ内のパスワードは初期値から変更する。変更後のパスワードは忘れない事※無線に接続するパスワード機器のログインパスワードは忘れてしまうと初期化することになる。

無線への接続

無線Wi-Fi機器との接続方法は基本的に初級編と同じで、無線名(SSID)を接続する機器で探し、接続時にパスワード(KEY)を入力すればOKです。一度接続すれば接続設定を繰り返し行う必要が無いことも同じです。ただし、SSIDやKEYは自分で設定を行っているため設定した値で接続となります。

セキュリティ

Wi-Fi機器のセキュリティ対策の基本として以下の対策は必須です。

  • 物理的対策:物理的な接続による改ざんの防止のために、高所に設置するなど設置場所を工夫する。※接続されても機器のログインPasswordを変更し防止する。
  • ソフト的対策:無線の暗号化方式は最新のWPA2/PSK(AES)を使用する。※暗号化・認証方式のセキュリティ強度は【WEP→WPA/TKIP→WPA/TKIPかPSK(AES)→WPA2/PSK(AES)】の順で高くなります。WEPは数秒で解読できる脆弱性が確認されたため現在使用は避けられています。
  • 人為対策:パスワードなどのメモを見える場所に置かない・接続のためのKEYは社員のみに公開する・KEYは定期的に変更する、または退社した社員が出た際はKEYを変更する。

セキュリティには、そのほかに「SSIDステルス化」や「MACアドレス認証」などもあります。その設定が出来る機器もありますが、設定後は通常よりも利便性に欠けるため、設定時に使用者へSSIDの通達やMACアドレスの情報提供をしてもらうなど、仕組みを作る事前準備が必要になります。

設定詳細の保管

機器の設定を行った後は、設定の値を出来るだけ詳しく記録し保管する事を推奨します。記録は後に設定の値を変更する・管理者交代時の引継ぎ・トラブルや故障時の対応など活用することも多くあります。

【ネットワーク構成図参考例】

社内全体を管理するエンジニアはネットワーク機器構成図など詳細に記録し、変更の際は随時更新する。設置している機器の規模が大きくなればなるほど構成図が必要になる。出来るだけ詳しく記載し更新し社内秘として保管、必要な場合は社内共有し引継げる体制をとる。

スモールオフィス編では、機器の設定を積極的にコントロールしセキュリティ面への配慮・故障・トラブル発生時の対応も考えた仕様としました。特にセキュリティは大切になり、今後さらに強固な暗号化方式やセキュリティ方式が採用されていくでしょう。

今回の設定はオフィスを想定しているため、一般編と比べると手間も多く難しい部分もあるかと思います。説明を読んでわかる通り、設定を行う際は、ある程度のネットワーク知識が必須です。知識や設定が不安な場合は、セキュリティの観点から専門のエンジニアに依頼する事をお勧めします。

前回の記事

Wi-Fi機器を設置・設定する時のコツ 一般編

オフィスにWi-Fiを設置する際のご相談やアドバイスもお受けしております。Wi-Fi機器ついては以下のバナーから詳細の確認ができます。

配線レスキューは、

★ 電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

★ 下見訪問無料

★ しつこい営業電話なし

★ 担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。