main menu

オフィス/店舗のLAN配線工事・Wi-Fi・電気工事・電話工事・カメラ設置

地域密着で地元の配線専門工事業者からスピード訪問!全国対応

施工実績
0120-961-220

現場写真を頂くためメールアドレスをお聞きします
電話受付:平日9:00~17:00
メール受付:24時間

お問い合わせはこちら

Wi-Fi機器を設置・設定する時のコツ 一般編

「Wi-Fi」は一般家庭・企業ともに数多く導入され、公共から私用まで様々なかたちで利用されています。しかし、機器導入時の設定にはコツがあり、そのハード・ソフト面の設定によっては後々トラブルになる場合もあります。今回は、一般家庭や一部のスモールオフィスを対象とした、最も簡単な設定を紹介したいと思います。

設置環境条件

すでにルータが設置されており、インターネット等のネットワーク環境が整っている状態。

Wi-Fi機器を新たに設置し、タブレットなどの機器へ無線LANを提供する。

Wi-Fiは無線LAN機能のみで動作することを目的として設置する。

ハードの設定

Wi-Fi機器設置を最も簡単に行う場合、ソフト的な設定は基本的には不要で、ハード的に設定することで使用出来る状態にできます。ハード的な設定はLANケーブルの接続や物理的なスイッチ変更で、メーカーにもよりますが、ほとんどのメーカは背面にLANケーブルの接続部やスイッチがあり、その部分で行います。スイッチ部分の詳細は同一メーカでも機種が変わったり新製品が販売されると変更されるため機械購入時についている説明書にて確認してください。

※プロのエンジニアは慣れた機種の説明書をわざわざ確認しませんが、新製品や大きく仕様変更があった場合は必ず説明書の確認を行います。説明書の内容すべてを読む必要はありませんが、設置に必要な部分は面倒と考えず説明書を読みましょう。

今回は【BUFFALO】の機械をサンプルとして設定方法をご紹介します。メーカによって表記が違うため、【ELECOM】【I/Oデータ】【NEC】も参考として併記します。

無線機器の背面

もっとも簡単に設置する場合、必要になるのは最上部の【モード切り替えスイッチ】及び【INTERNET】と刻印されたポート。今回の機械の様に【INTERNET】は色が違う場合もあるが、メーカーに拠っては色分けしていないこともあるため刻印の表記をしっかり確認する必要がある。

【モード切り替えスイッチ】

機械のモードを選択しするスイッチで、一般編は“AUTO”を選択。このモードは「ルータ兼無線Wi-Fiのアンテナとして使うのか」「無線Wi-Fiのアンテナとしてだけ使うのか」機器が判断してくれる。【AUTO】以外はROUTER “ON”と”OFF”の表記があり、機械に任せず自分で判断する。ただしPCでの設定が必要になる。

他社の記載例

ELECOM:「AP・RT」※APはAUTOも兼ねる

I/O DATA:「ルータ・AP・自動」

NEC:「RT・BR」※BRはAUTOも兼ねる

RT:ルータの略。この場合はルータと無線LAN機能を兼ねる。AP:アクセスポイントの略。無線LAN機能のみ。BR:ブリッジモード。厳密には違うがAPと同じと考えてよい。

 

【INTERNET】ポート

【WAN】ポートとも呼ばれる。上位の機器からのLANケーブルを差し込む事でネットワークに繋げることが出来る。今回はここにLANケーブルを差し込む。

機器を繋げていく場合、WAN(入力)→LAN(出力)と考えるとわかりやすい。この場合は上位のルータのLANから出力され、下位のWi-Fi機器の【INTERNET】つまりWANへ入力される。もちろん上位のルータのWANはインターネット網の機材のLANから出力されたケーブルをWANに入力している。

無線への接続

設置したWi-Fiへの接続も、本体を確認することで行う事が出来ます。ただし公衆の目に触れる場合は、セキュリティ上で問題になるため設定変更をすることをお勧めします。

 
今回のサンプル機材の場合は、側面部分のシールに無線への接続情報が記載されてる。ただし、同一メーカでも機材によって、また新商品の仕様変更などによって記載場所は変わるため、記載場所の確認は同梱されている説明書を確認する必要がある。
【無線への接続情報】

SSID:無線名。IDともいわれる。機材によってはり「2.4Ghz用」「5Ghz用」に複数記載されている場合がある。基本は繋がる方で問題ない。

KEY:暗号化の鍵。PASSWORDともいわれる。SSIDが複数ある場合は、対応したKEYも複数記載されている。

無線Wi-Fi機器との接続方法は、SSID(無線名)を接続する機器で探し、接続時にKEY(PASSWORD)を入力すればOKです。基本的に、無線LANは一度接続すれば接続設定を繰り返し行う必要はありません。最近ではQRコードやスマホアプリでの設定など、設置・設定方法も変化していますが、今回紹介した接続方法が基本となります。

 一般編では、もっとも簡単な接続を紹介しました。しかし、この設定では故障などのトラブルやセキュリティに関して脆い面があり、また設定面においても積極的にコントロールしたものではありません。次回のスモールオフィス編では、故障等のトラブルやセキュリティ面に関してWi-Fiルータを積極的にコントロールするための設置・設定方法を紹介していきます。

 

オフィスにWi-Fiを設置する際のご相談やアドバイスもお受けしております。Wi-Fi機器ついては以下のバナーから詳細の確認ができます。

 

 

配線レスキューは、

★ 電話、メールのご相談から、地域の一番適した業者を選定

★ 下見訪問無料

★ しつこい営業電話なし

★ 担当工事業者と直接やりとり

LAN配線工事

カテゴリ

最新の投稿

  • タグ一覧

  • アーカイブ

  • 配線レスキュー

    配線レスキューの施工事例などをご紹介しています。 様々な工事事例の中からお客様のご参考になれば幸いです。

    ネットワーク通信・ビジネスホン・電気工事。LAN配線整理からWi-Fiまで

    受付時間 平日 9:00~17:30。0120961220

    メールでのご連絡はこちら。

    ご要望応えます。的確なご提案。高品質な工事。

    皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。