LAN配線工事

LAN配線工事内容


  
LAN配線整理・工事
 

各種LAN配線工事

新規事務所開設やレイアウト変更、人員増加のためのケーブル追加、無線Wi-Fi用・ネットワークカメラ用・サーバ用など様々なネットワークに必要なLANケーブルの敷設工事に対応可能です。
また破損したケーブルの修復や交換やケーブルのアップグレードまで幅広く対応いたします。

床下・天井など様々な状況に対して、経験豊富なスタッフがご相談から下見・現地調査まで対応いたします。              

  
LAN配線整理・工事

フロア違い・床下・天井の配線

ビルの複数階にまたがる配線、OAフロアの床下や天井裏、商業施設等のケーブルラックへのケーブル敷設工事も承ります。
無線AP(アクセスポイント)用・ネットワークカメラ用にLANケーブルを配線した多数の実績と経験で工事を行っております。

ご相談から施行方法、最適なケーブルの選定や機器のご提案、ケーブル本数も数本から数百本まで承ることが可能です。

  
LAN配線整理・工事
 

配線整理工事

汚れがちな事務所(オフィス)のルーター周りやデスク下で乱雑になってしまっている配線をきれいにします。足元で踏まれたり、足で引っかけたり、古くなったケーブルは亀裂が入ったりして通信障害を起こす原因になるため、定期的な配線整理を行うことが事故の防止にもつながります。

効果1:モチベーション向上

床下に収納することで美観が向上し、モチベーションもアップ。

効果2:不意の事故を防止

足に引っかけるなど不意のアクシデントを防ぎ、障害を防止。

効果3:業務スピードアップ

ケーブルや機器ののアップグレードを行うことで通信速度を向上。

ケーブルアップグレードCat6・Cat6A


Cat6のケーブルはギガビット・イーサネットに標準対応しており、伝送周波数帯域がCat5eの2.5倍であるため大容量のデータを搬送できます。
Cat6Aは10ギガビット・イーサネットへ対応したケーブルで、データセンター・企業のサーバ・フロア幹線まで使用されてきています。
Cat6やCat6Aケーブルは、社内の幹線やアクセスが集中するWi-Fi機器の高機能化・高速化のためのバックボーンとして使われています。

            
カテゴリー 伝送速度 伝送周波数帯域
Cat 5e 1Gbps対応 100MHZ
Cat 6 1Gbps対応 250MHZ
Cat 6A 10Gbps対応 500MHZ
  
Cat 6
 

お勧めは幹線としてCat 6以上を使用

 社内の背骨となる幹線として、Cat 6以上を使用するとをお勧めします。
ただし、基幹HUBやフロアHUBもケーブルのスペックに対応する必要があります。

Wi-Fi機器への配線にも有効

 社内の無線LAN化で設置されアクセスが集中するWi-Fi機器には、
ほぼCat 6が使用されています。
近年では、企業向けだけでなく一般家庭用のWi-Fi機器もギガビットに対応しているため、一般にも広く普及し始めています。

お問い合わせ


お見積もり無料。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ
0120-961-220

(現場写真を頂くためメールアドレスを伺います)
9:00 - 17:30(土・日・祝を除く)

株式会社バルテックフィールドサービス

〒163-1103 東京都新宿区西新宿6-22-1

一般建設業 電気通信工事業(東京都知事認可(般-24号)第139455号)
電気工事業(東京都知事届出 第279626号)


  • PANDUIT PCT資格習得

  • FlukeNetworks CCTT資格習得

  • 日本製線 NICSys施工技術習得